@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

口径【こうけい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

口径
こうけい
caliber
火砲,火器の発射口の直径 (内径) のこと。ライフルと呼ばれる溝が刻まれている場合は山と山の間の長さをはかる。砲の大きさを表わすのに,たとえば口径 100mmといった用語法を慣用する。また砲身の長さを表わすのに口径の倍数をもってする。たとえば 50口径 20cm砲といえば,内径が 20cm,砲身の長さが 10mを意味する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こう‐けい【口径】
円筒形の物体の口の差し渡し。銃砲の筒やレンズなどの内径。「32口径拳銃

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

こうけい【口径】
大砲や管くだなど、円筒形のものの内径。
レンズ・鏡の有効直径。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こう‐けい【口径】
〘名〙 円筒形のものの、口の直径。特に、銃砲の砲身、光学器械のレンズなどについていう。
※和蘭字彙(1855‐58)「銃ノ口径」
※旅‐昭和二六年(1951)六月号・村の天文台〈山本一清〉「口径二十センチのシーロスタト鏡と焦点距離七メートルの太陽カメラ」 〔礼記‐投壺〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

口径」の用語解説はコトバンクが提供しています。

口径の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation