@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

口渇【コウカツ】

デジタル大辞泉

こう‐かつ【口渇】
口中やのどが激しくかわき、水分を欲しがる状態。多尿症脱水症に多くともなうほか服用加齢によってもみられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

こうかつ【口渇】
のどのかわき。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内科学 第10版

口渇(症候学)
概念
 口は水分摂取を欲する感覚である.
病態生理
 血漿浸透圧や血清Naの上昇は第3脳室周囲にある終板器官(OVLT),脳弓下器官,内側視索前核など脳血管関門を欠く領域で感知され,その情報は視床下部前部,視束前野を中心とした第3脳室前腹側部にあると考えられる口渇中枢に伝達され,口渇を生じる.一方,大量出血など,循環血液量の10~20%程度の喪失は,頸動脈や左心房,傍糸球体装置にある圧伸展受容体で感知され,口渇中枢を刺激し飲水行動が誘発される.また循環血液量の減少はレニン分泌を増加させ,アンジオテンシンⅡ濃度の上昇によって脳弓下器官やOVLTが刺激され口渇が生じる.水分や体液の喪失,血漿浸透圧の上昇による口渇以外に,中枢性,腎性尿崩症による脱水,Sjögren症候群などの唾液分泌の減少,心因性多飲などさまざまな疾患で認められる(表2-9-1).
鑑別診断
 口渇の原因検索にはHb,Htなどの血液検査,血清電解質(Na,K,Ca,Pなど),腎機能,血糖値,肝機能,血漿浸透圧,尿浸透圧,尿中Naなどの検査は必須である.尿崩症および心因性多飲の鑑別診断には血中,尿中バソプレシン測定や水制限試験,デスモプレシン投与,高張食塩水負荷試験を行う.中枢性尿崩症をきたす脳神経疾患にはMRIなどの画像診断を行う.Sjögren症候群の診断には抗核抗体,抗SS-B抗体などの自己抗体検査や唾液腺造影が有用である.[大島忠之・三輪洋人]

出典:内科学 第10版
©Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は原書刊行時(2013年)の時点での最新のものです.常に最新の内容であることを保証するものではありません。また,権利関係の都合で一部表示できない図や画像があります。

口渇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

口渇の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation