@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

口腔衛生学【こうくうえいせいがく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

口腔衛生学
こうくうえいせいがく
oral hygiene
歯および口腔疾患予防を目的とし,個人および公衆を対象とする衛生学歯科衛生学あるいは予防歯科学も,ほぼ同義語と考えてよい。遺伝栄養,環境 (地理的および口腔内の) に関する研究をはじめ,口腔疾患予防のための種々の処置薬剤,公衆歯科保健としての学校科保健,産業歯科衛生,母子歯科保健など,その研究,活動分野はきわめて広い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

口腔衛生学
こうこうえいせいがく
口腔衛生学」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

口腔衛生学
こうくうえいせいがく

歯と口腔に関連のある疾病と異常を予防して、その正常な発育を図り、全身の健康の保持増進に貢献することを目的とする学問である。歯および口腔は身体のごく一部にすぎないが、消化器官の入口であると同時に呼吸器系の一部分でもあり、全身の健康ときわめて密接な関連がある。口腔衛生学は、一般的には個人口腔衛生学(狭義の予防歯科学)と社会口腔衛生学(公衆歯科衛生学)とに分けられる。個人口腔衛生学は、個人およびその家族の口腔の疾病の予防と健康の保持増進を図る手段を研究する学問であり、公衆歯科衛生学は、集団、社会を対象として前述の活動を行う手段を研究する学問である。口腔衛生の歴史は古く、古代エジプトにおいてすでに歯ブラシや歯みがき剤と考えられるものがあり、わが国でも古代から口すすぎの行われていたことが知られている。しかしながら、今日のような口腔衛生学としての位置づけがとられたのは第二次世界大戦後であり、急速に発展した学問領域である。

[市丸展子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こうくう‐えいせいがく ‥ヱイセイガク【口腔衛生学】
〘名〙 口腔および歯牙の衛生学。主として、虫歯予防、歯列矯正、口腔粘膜疾患の予防などを研究する。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

口腔衛生学」の用語解説はコトバンクが提供しています。

口腔衛生学の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation