@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

口腔【コウコウ】

デジタル大辞泉

こう‐こう〔‐カウ〕【口×腔】
口からのどまでの空洞部分。口の中。
[補説]医学では慣用的に「こうくう」という。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こう‐くう【口×腔】
こうこう(口腔)」の慣用読み。医学でいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

口腔
 狭義にはの中の空間をいうが,口腔外科というように,口の中の歯茎口蓋,口腔粘膜,唾液腺などを含めて使う.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

口腔

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうこう【口腔】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

こう‐こう ‥カウ【口腔】
〘名〙 (医学用語としては「こうくう」) 動物の口を構成する腔所(こうしょ)。消化管の最先端の部分で、口裂により外界と通じる。食物の摂取、消化などを行ない、また、発声器の一部となる。脊椎動物では歯、舌、唾液腺(だえきせん)などの発達がみられ、後方は咽頭に連なる。こうくう。
※土(1910)〈長塚節〉二三「口腔(コウカウ)の粘膜からは」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こう‐くう【口腔】
〘名〙 (医学における慣用読み) =こうこう(口腔)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

口腔」の用語解説はコトバンクが提供しています。

口腔の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation