@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

口語短歌【こうごたんか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

口語短歌
こうごたんか
口語による作歌は,石川啄木,木下利玄などに既に見られるが,昨今の「口語短歌ブーム」は,俵万智歌集『サラダ記念日』 (1986年,角川短歌賞) が 200万部以上の売れ行きを示し,注目されたことに始まる。和歌が CMに使われ,映画化され,パロディ本が出るなどして,歌壇を超えた話題となった。単なる日常的気分をコピー感覚で歌っているだけとする評価がある一方,それゆえにこそ,これまで和歌に関心のなかった人々にも受け入れられることになったのだと積極的に評価する意見もある。ともあれ,それが口語短歌を試みる人々の裾野を広げたことに変わりなく,その歌がどのような高みに結実するかは今後を待つべきであろう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

口語短歌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

口語短歌の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation