@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

古今亭今輔【ここんていいますけ】

世界大百科事典 第2版

ここんていいますけ【古今亭今輔】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

古今亭今輔
ここんていいますけ
落語家。[関山和夫]

初代

(1832―89)本名福原常蔵。初代古今亭志ん生(しんしょう)門人寿六(じゅろく)から今輔。のち2代志ん生となる。[関山和夫]

2代

(1859―98)本名名見崎(なみざき)栄次郎。2代志ん生門人志ん丸から志ん多を経て今輔となった。音曲(おんぎょく)師。[関山和夫]

3代

(1869―1924)本名村田政次郎。2代志ん生門下。のち3代小さん門下となり、小三治を経て襲名。せっかちの今輔の異名あり。[関山和夫]

4代

(1886―1935)本名中島市太郎。大阪で3代桂(かつら)文三門人で小文。東京へきて初代円右(えんう)門人となり右女助(うめすけ)を名のる。1926年(大正15)4代今輔を襲名。[関山和夫]

5代

(1898―1976)本名鈴木悟郎。初代円右門から3代小さん門に移り、さらに桂小文治門となる。桂米丸(よねまる)から1941年(昭和16)今輔襲名。三遊亭円朝門下の一朝(いっちょう)より芝居咄(ばなし)を学ぶ。のち新作落語「お婆(ばあ)さんもの」で活躍。『ラーメン屋』が傑作。古典では『もう半分』『死神』『塩原多助』を得意とした。『今輔の落語』『今輔・おばあさん衆』などの著書を残す。[関山和夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古今亭今輔」の用語解説はコトバンクが提供しています。

古今亭今輔の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation