@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

古今亭志ん朝【ココンテイシンチョウ】

デジタル大辞泉

ここんてい‐しんちょう〔‐シンテウ〕【古今亭志ん朝】
[1938~2001]落語家。3世。東京の生まれ。本名、美濃部強次(きょうじ)。5世志ん生次男。10世金原亭馬生の弟。入門から5年という異例のスピードで真打に昇進。明快、軽妙な語り口で人気を博した。得意の演目は「居残り佐平次」「愛宕山」「文七元結(ぶんしちもっとい)」「明烏(あけがらす)」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ここんていしんちょう【古今亭志ん朝】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ここんていしんちょう【古今亭志ん朝】
(三代目)1938~2001 落語家。本名美濃部強次。東京生まれ。五代目古今亭志ん生の次男。1957年(昭和32)に初高座。五年目で真打ちに昇進し、古典落語の名手として活躍した。「火焰太鼓」「お直し」など得意演目多数。俳優としてもテレビや舞台などで活動した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古今亭志ん朝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

古今亭志ん朝の関連情報

関連キーワード

マキノ雅広[各個指定]芸能部門久松静児アトリエ・ワン[各個指定]工芸技術部門バッジ稲垣浩清水宏田坂具隆山本嘉次郎

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation