@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

古今亭志ん生【ココンテイシンショウ】

デジタル大辞泉

ここんてい‐しんしょう〔‐シンシヤウ〕【古今亭志ん生】
[1890~1973]落語家。5世。東京の生まれ。本名、美濃部孝蔵。天衣無縫八方破れといわれる芸風と生活で、昭和の落語を代表する存在になった。得意演目は「火焔(かえん)太鼓」「文七元結(ぶんしちもっとい)」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

江戸・東京人物辞典

古今亭志ん生
1890〜1973(明治23年〜昭和48年)【落語家】「貧乏はするもんじゃねぇ。味わうもんだ」 極貧と破天荒な暮らしで磨いた名人芸。昭和期の落語家。東京は神田の生まれ。本名美濃部孝蔵。二代三遊亭小円朝門人で、朝太を振り出しに、改名を重ねた。破天荒な道楽のため、「なめくじが這う」ような貧乏長家暮しが長く続いたが、1939年(昭和14)五代目古今亭志ん生を襲名。「火焔太鼓」など人情噺(ばなし)や滑稽噺に天才的な冴えをみせた。西の桂文楽と並ぶ名人とうたわれ、芸術祭賞を受賞し確固たる地位を築いた。長男は十代金原亭馬生、次男は三代古今亭志ん朝芸名は江戸後期から五代を数える。

出典:財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ここんていしんしょう【古今亭志ん生】
落語家。現在まで5代をかぞえる。(1)初代(1809‐56∥文化6‐安政3) 通称清吉。初代三遊亭円生門下。同門の円蔵が2代目を襲名したので放浪生活ののち別派を立て,《九州吹き戻し》《お富与三郎》など人情噺(ばなし)の名人となる。(2)2代(1834‐89∥天保5‐明治22) 本名福原常吉。初代門下。大兵肥満で〈お角力(すもう)〉と異名をとり,人情噺,滑稽噺とも巧だった。(3)3代(1862‐1918∥文久2‐大正7) 本名和田岩松。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ここんていしんしょう【古今亭志ん生】
(初代)1809~1856 落語家。俗称清吉。初代三遊亭円生に入門、人情噺に妙を得、得意の「お富与三郎」は歌舞伎に脚色された。
(五代目)1890~1973 落語家。東京生まれ。本名美濃部孝蔵。八方破れともいうべき独特な芸風で人気を博した。得意の出し物に「火焰太鼓」などがある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

古今亭志ん生
ここんていしんしょう
落語家。[関山和夫]

初代

(1809―56)俗称清吉。初代三遊亭円生(えんしょう)門に入って円太。一時、江戸を離れたが、帰ってから古今亭新生と名のり、真生、志ん生と改名。『お富与三郎』『小猿(こざる)七之助』『九州吹戻(ふきもど)し』など人情咄(ばなし)を口演。[関山和夫]

2代

(1832―89)本名福原常蔵。初代の門人。寿六(じゅろく)から今輔(いますけ)を経て2代目を襲名。巨体のため「お相撲(すもう)志ん生」といわれた。[関山和夫]

3代

(1863―1918)本名和田岩松。昔家今松(むかしやいままつ)から雷門(かみなりもん)助六となり、1911年(明治44)志ん生となる。「しゃも」のあだ名で人気があった。[関山和夫]

4代

(1877―1926)本名鶴本(つるもと)勝太郎。2代目今輔門で今の助。3代志ん生門となり、昔家今松、雷門小助六、古今亭志ん馬、金原亭馬生(きんげんていばしょう)を経て4代目を継ぐ。『三軒長屋』『あくび指南』など江戸前の話芸でファンを喜ばせた。[関山和夫]

5代

(1890―1973)本名美濃部(みのべ)孝蔵。2代目三遊亭小円朝に入門して朝太。円菊、馬太郎、武生、馬きん、志ん馬と改名し、講釈師で小金井蘆風(ろふう)、落語に戻ってまた幾度も改名し、7代馬生を経て1939年(昭和14)志ん生を襲名。『火焔(かえん)太鼓』『お直(なお)し』『三枚起請(きしょう)』『唐茄子屋(とうなすや)政談』など演目も豊富で、独自の天衣無縫ともいうべき芸風により、8代目桂文楽とは対照的な昭和落語の一方の雄であった。残された録音も多く、青壮年時代の貧乏暮らしと酒を愛した生涯は『なめくじ艦隊』『びんぼう自慢』などの自伝に詳しい。長男が10代目金原亭馬生(1928―82)、次男が古今亭志ん朝(しんちょう)(1938―2001)。[関山和夫]
『『五代目古今亭志ん生全集』全8巻(1977~84・弘文出版) ▽『これが志ん生だ!』全11巻(1994~95・三一書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ここんてい‐しんしょう【古今亭志ん生】
落語家。
[一] (初代) 通称清吉。初代三遊亭円生に師事。人情噺「お富与三郎」「小猿七之助」が得意芸。文化六~安政三年(一八〇九‐五六
[二] (五代) 本名美濃部孝蔵。名人円喬に入門。のち、小円朝、四代目志ん生に師事。一時は講談に移る。朝太から一六回改名し、馬生から五代目志ん生を襲名。得意芸は「火焔太鼓」「文七元結」など。明治二三~昭和四八年(一八九〇‐一九七三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古今亭志ん生」の用語解説はコトバンクが提供しています。

古今亭志ん生の関連情報

関連キーワード

造船業秋山清神代辰巳沢渡朔社会民主党(ドイツ)ドイツ映画関西学院大学グッズ改良主義[各個指定]工芸技術部門ポセイドン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation