@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

古今著聞集【ここんちょもんじゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

古今著聞集
ここんちょもんじゅう
鎌倉時代中期の説話集橘成季 (たちばなのなりすえ) 。 20巻。跋文によると建長6 (1254) 年成立。約 720話を収め,神祇,釈政道忠臣,公事,文学和歌などの 30編に分け,年代順配列。王朝貴族に関する説話,公卿日記などを漢字仮名交り文に改めた記事が多い。しかし,著者が直接に見聞したとみられる説話も多く,鎌倉時代に入ってからの説話が3分の1に及んでおり,博奕 (ばくえき) ,偸盗 (ちゅうとう) ,興言利口,魚虫禽獣などの各編では,庶民的な活気にあふれた世界を反映する説話を集めている。そこに,単に懐古趣味にふけるだけでない著者の姿がうかがわれる。各編末にはのちに付加されたとみられる説話があり,『十訓抄』に拠るものが多いが,本来のものとは区別される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ここんちょもんじゅう〔ココンチヨモンジフ〕【古今著聞集】
鎌倉中期の説話集。20巻。橘成季(たちばなのなりすえ)編。建長6年(1254)成立。平安中期から鎌倉初期までの日本の説話約700話を、神祇・釈教・政道など30編に分けて収める。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ここんちょもんじゅう【古今著聞集】
鎌倉時代の説話集。橘成季(たちばなのなりすえ)編。1254年(建長6)成立。20巻。序において,編者みずから本書を《宇治大納言物語》《江談抄》を継承するものとして位置づけ,〈実録(正統の歴史)〉を補おうとする意気ごみを述べている。跋(ばつ)には,詩歌管絃の秀逸な説話を集めて絵にのこそうとしたものが発展して本書となった,と説かれる。貴族社会の逸話・奇異談697話を30編に分類し,各編の冒頭に編目の解説を付す。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

古今著聞集
ここんちょもんじゅう

鎌倉時代の説話集。20巻。橘成季(たちばなのなりすえ)編。1254年(建長6)成立。約700話の短章を、30編に分類して編集する。その編目は、神祇(じんぎ)、釈教、政道忠臣、公事、文学、和歌、管絃(かんげん)歌舞、能書、術道、孝行恩愛、好色、武勇、弓箭(きゅうせん)、馬芸、相撲強力(すまいごうりき)、画図、蹴鞠(しゅうきく)、博奕(ばくえき)、偸盗(ちゅうとう)、祝言、哀傷、遊覧、宿執、闘諍(とうじょう)、興言利口(きょうげんりこう)、恠異(かいい)、変化(へんげ)、飲食(おんじき)、草木、魚虫禽獣(きんじゅう)と多岐にわたり、収める説話も多彩。序文に、院政期の貴族説話集『宇治大納言(うじだいなごん)物語』(散逸)、『江談抄(ごうだんしょう)』を継承するものであると明言するとおり、中古の貴族社会とその周辺のできごとを話題の大半とし、王朝貴族社会とその文化に対する賛美や憧憬(しょうけい)のことばを随所に漏らしており、尚古思想を全体の基調としている。しかし一方で、笑話を集めた「興言利口篇(へん)」などには、著しく卑俗で猥雑(わいざつ)な「街談巷説(こうせつ)」の世界への傾斜が目だち、王朝文化の枠を踏み出した新しい中世的人間像を描き出している。

[小島孝之]

『永積安明・島田勇雄校注『日本古典文学大系84 古今著聞集』(1966・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ここんちょもんじゅう ココンチョモンジフ【古今著聞集】
鎌倉中期の説話集。二〇巻。橘成季(たちばなのなりすえ)著。建長六年(一二五四)成立。前代の日記、記録、説話集などを基礎資料に、平安中期から鎌倉初期の日本の説話七百余編を、神祇、政道、文学など三〇部に分類し、年代順に収めたもの。尚古的なものと、当代卑近な説話とが混在する。漢文の序と和文の跋文を持ち、説話集として最も組織的な作品で、量的には現存説話集中「今昔物語集」に次いで大きい。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

古今著聞集
ここんちょもんじゅう
鎌倉中期,橘成季 (たちばなのなりすえ) 編の説話集
1254年刊。20巻。範囲を日本のみに限定し,古今の説話を集めたもので,その規模は『今昔物語集』につぐ。年代順に配列。王朝懐古的要素も強いが,新しい説話がとり入れられ,時代相をうかがうことができる。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古今著聞集」の用語解説はコトバンクが提供しています。

古今著聞集の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation