@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

古今調【こきんちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

古今調
こきんちょう
歌論用語。『古今和歌集』の特徴的な詠風,律調,表現などをいう。写生的で素朴な力強さにあふれた万葉調象徴的で情緒的な気分が漂う新古今調に対して,技巧的で繊細,優美な様式を示している。五七調から七五調に移り,動詞よりも名詞が多くなり,懸詞 (かけことば) や縁語が多用され,見立てや擬人法が摂取され,枕詞序詞も発達し,歌枕や歌語も進展して,発想と表現との調和が志向されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こきん‐ちょう〔‐テウ〕【古今調】
古今集にみられる特徴的な歌のよみぶりや歌の調子。理知的、観念的な内容で、優美・繊細なよみぶりが目立つ。七五調三句切れを主とし、掛け詞縁語などを多用する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

こきんちょう【古今調】
古今集に代表される歌風・歌調。発想・内容では理知的・技巧的な面が強く、修辞的には縁語・掛詞の使用や七五調・三句切れが目立つ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こきん‐ちょう ‥テウ【古今調】
〘名〙 歌論で、「古今集」の特徴的な歌のよみぶりやしらべをいう。万葉調や新古今調に対し、写実から象徴に至る両者の中間的位置にある。優美繊細で理知的な詠風で、三句切れ、縁語、掛詞、見立てなどの修辞技巧、類型的な表現、婉曲な描写などが目立つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古今調」の用語解説はコトバンクが提供しています。

古今調の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation