@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

古代への情熱【こだいへのじょうねつ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

古代への情熱
こだいへのじょうねつ
Selbstbiographie bis seinem Tode vervollständigt

ドイツの考古学者H・シュリーマンの自叙伝。ただし彼自身の筆になるものは第1章「少年時代と商人時代」であり、他の部分は彼の死後、夫人ソフィアの依頼によってA・ブリュックナーが再構成したものである(初版1891)。第1章はシュリーマンの著書『イリオス』Ilios(英語版1880、独語版1881)の序文から抜粋されている。ここでは、彼が生涯心酔していたホメロスとの出会いや、その物語を現実のものとするためになした事業の成功への過程が語られている。第2章以下には、トロヤ、ミケーネの二大文明の大発見に至る経過が、彼の諸著書から引用され、あわせてシュリーマンの人物像が浮き彫りにされている。

[植山 茂]

『村田数之亮訳『古代への情熱』(岩波文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古代への情熱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

古代への情熱の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation