@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

古伊万里

朝日新聞掲載「キーワード」

古伊万里
17世紀から作られるようになった伊万里焼の中で、古美術的価値の高い作品の総称欧州にも輸出され、海外の収集家も多い。
(2014-10-08 朝日新聞 朝刊 山形・1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

こ‐いまり【古×万里】
初期の伊万里焼寛永(1624~1644)中ごろから元禄(1688~1704)前後にかけてのもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション

こいまり【古伊万里】
佐賀の日本酒。精米歩合65%で仕込む「四代目」は中辛口の純米酒。これをガラス容器の代わりに有田焼に詰めたカップ酒「NOMANNE」もヒット商品。ほかに大吟醸酒、純米吟醸酒など。平成16、26年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は主に山田錦。仕込み水は有田名水白磁」。蔵元の「古伊万里酒造」は明治42年(1909)創業。所在地は伊万里市二里町中里甲。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こいまり【古伊万里】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

こ‐いまり【古伊万里】
〘名〙 肥前国(佐賀県)有田産の磁器。元和(一六一五‐二四)の磁器創始当初から現代までのもののうち柿右衛門、鍋島窯の作を除いたものを伊万里と包括的にいうのに対し、特に寛永(一六二四‐四四)中頃から元祿(一六八八‐一七〇四)を中心にその前後の盛期の作の称。また、創業期の初期伊万里を含めて呼ぶ場合もある。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉三「支那、及び日本古伊万里の磁器は、益質分堅緻にて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

古伊万里
こいまり
伊万里焼」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古伊万里」の用語解説はコトバンクが提供しています。

古伊万里の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation