@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

古備前【コビゼン】

デジタル大辞泉

こ‐びぜん【古備前】
平安中期から末期ころまでに備前刀工が作った日本刀総称
鎌倉時代から桃山時代にかけての備前焼

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

こびぜん【古備前】
平安中期から鎌倉初期にかけて、備前国で作られた日本刀の総称。刀剣史では、日本刀の実際上の完成とする。友成・正恒・包平かねひららの刀工が有名。古備前物。
備前焼の初期のもの。桃山時代以前のものについていう。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こ‐びぜん【古備前】
〘名〙
① 天暦(九四七‐九五七)から永延(九八七‐九八九)の頃までの備前国(岡山県)の刀工の製作した刀剣の総称。友成、助成、助友、正恒、恒次、包平、助包、助平、高包など。古備前物。〔刀剣目利書(1618)〕
② 鎌倉時代から桃山時代にかけての備前焼。室町時代末期までは瓶、壺などが作られていたが、以後、田土を使い、水指、建水(けんすい)、花生(はないけ)などの茶器や徳利が焼かれ、火襷(ひだすき)などの変化のあるものも作られた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古備前」の用語解説はコトバンクが提供しています。

古備前の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation