@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

古典主義演劇【こてんしゅぎえんげき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

古典主義演劇
こてんしゅぎえんげき
classical drama
ギリシア,ラテンの古典劇模範とし,古典的であることを標榜した演劇。特にアリストテレス三一致法則に忠実であろうとするものをいう。古代ギリシアローマの演劇を起点として考えれば,コルネイユラシーヌの作品は新古典 (主義) 演劇であるが,フランス演劇のなかでは古典 (主義) 演劇に分類され,ここに用語の概念に若干の混乱が生れる。いずれにせよ,17世紀ヨーロッパ演劇の主流をなすもので,さらにここから時代を下って 18世紀に書かれた古典主義的作品を擬古典主義演劇と呼ぶこともある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こてんしゅぎえんげき【古典主義演劇】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

古典主義演劇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

古典主義演劇の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation