@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

古典劇【コテンゲキ】

デジタル大辞泉

こてん‐げき【古典劇】
近代劇以前に完成形態をみせた演劇のこと。古代ギリシャ・ローマ悲劇喜劇、およびその影響を受けて発達した17世紀のフランスコルネイユラシーヌモリエールの演などが代表。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こてんげき【古典劇】
古典〉という言葉が義的であるように,〈古典劇〉という言葉もまた多義的であり,あいまいな概念である。古典劇を近代劇と対立する概念だとすれば,近代劇以前の劇が古典劇ということになる。西洋の演劇史では普通イプセン以後の劇を近代劇と呼ぶので,広義には,それ以前の劇が古典劇である。ただし,古典劇という言葉を日本の演劇史に適用することはまれにしか行われない。 狭義の古典劇の第1は,古代ギリシア演劇,古代ローマ演劇のことである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

こてん‐げき【古典劇】
〘名〙
① 古代ギリシア・ローマで発達した演劇、およびその影響を受け、一六世紀から一八世紀にかけてイタリア、フランスなどに起こった悲劇、喜劇。特に、ラシーヌ、コルネイユ、モリエールなどのフランス演劇をいう。アリストテレス以来の三一致の法則などを忠実に守った。また、一般にイプセンの近代劇以前のヨーロッパの演劇の呼称。〔模範新語通語大辞典(1919)〕
② その国で、古くに創始され、伝承されている演劇。
※女方(1957)〈三島由紀夫〉二「古典劇の壮大な感情、われわれの日常生活とは何ら相渉らぬ感情」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古典劇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

古典劇の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation