@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

古写経【コシャキョウ】

デジタル大辞泉

こ‐しゃきょう〔‐シヤキヤウ〕【古写経】
古い時代に書写した経文。主に室町時代以前のものをいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典

古写経
古代に行われた写経と書写された経典.おそらく6世紀,日本列島に仏教が伝えられて以来,仏典は繰り返し書写された.それが国家的プロジェクトとして取り組まれたのは,7世紀,天武朝川原寺での一切経の写経を嚆矢とするといわれる.その事業は奈良時代に受け継がれ,光明皇后のために作られた写経所を出発点として,造東大寺司写経所に至って整備され,大規模に写経が行われ,制作された経典は数多くの寺院貴族に所蔵された.これ以外にも,私的にまた各地で写経は行われた.やがてから刊本が輸入されるようになると,写経は次第に行われなくなるが,平家納経に見られるように,貴族が信仰のために写経する風習は長く続いた.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こ‐しゃきょう ‥シャキャウ【古写経】
〘名〙 昔の人が書き写した経文。古い写経。主に室町時代以前のものをいう。
※読書放浪(1933)〈内田魯庵〉東西愛書趣味の比較「古写経、古鈔本」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古写経」の用語解説はコトバンクが提供しています。

古写経の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation