@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

古城【コジョウ】

デジタル大辞泉

こ‐じょう〔‐ジヤウ〕【古城】
古い城。ふるじろ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

古城(ごじろ)
山県田辺市で生産されるウメ果皮黄緑色果実果肉があつく加工に適する。大正時代後期に田辺市長野の那須政右エ門氏が育成・定着した品種で、名称那須氏屋号に基づく。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古城
日本のポピュラー音楽。歌は男性演歌歌手、三橋美智也。1959年発売。作詞高橋掬太郎作曲:細川潤一、編曲吉田矢健治

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こ‐じょう ‥ジャウ【古城】
〘名〙 古い城。ふるじろ。
※空華集(1359‐68頃)六・次韻武陽新城襍興寄序上人「百戦今誰在、千年只古城」 〔武元衡‐登闔閭古城詩〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こじょう コジャウ【古城】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古城」の用語解説はコトバンクが提供しています。

古城の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation