@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

古座川【こざがわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

古座川
こざがわ
和歌山県南部の川。大塔山を発してほぼ南流,のち東流して小川を合わせ,串本町熊野灘に注ぐ。全長 51km。穿入蛇行が著しく,新第三紀層の流紋岩を刻む。特に東流する部分約 20kmは古座峡と呼ばれ,北岸一枚岩は高さ 100m,幅 500mの巨岩で,高池虫喰岩とともに国の天然記念物。支流の小川には 999壺といわれる甌穴の「滝の拝(はい)」がある。1956年,吉野熊野総合開発の一環として中流部に七川ダムが建設された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こざ‐がわ〔‐がは〕【古座川】
和歌山県南部を流れる川。東牟婁(ひがしむろ)郡古座川町北部の大塔(おおとう)山(標高1122メートル)に源を発して南流し、串本町古座熊野灘に注ぐ。長さ56キロ。下流に約15キロメートルにわたり古座川峡があり、高さ100メートル、幅500メートルの一枚岩は国指定の天然記念物。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こざがわ【古座川】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

古座川
こざがわ

和歌山県南部を流れる川。紀伊山地の大塔山(おおとうざん)(1122メートル)に発し、串本町で熊野灘(なだ)に注ぐ。延長51キロメートル、流域面積356平方キロメートル。大塔山から南流して、平井川と合流し七川(しちかわ)ダムを経て、右岸に佐本(さもと)川、三尾(みと)川をあわせて向きを東に変え、著しい嵌入(かんにゅう)蛇行をなして、約20キロメートルの間に古座峡をつくる。両岸に奇岩怪石がそびえ、なかでも国の天然記念物の一枚岩は高さ300メートル、幅83メートルの流紋岩の巨岩である。また支流池野川沿いの虫喰(むしくい)岩(国の天然記念物)、支流小川の甌穴(おうけつ)滝ノ拝(たきのはい)の奇観などがある。江戸時代には河口から真砂(まなご)(古座川町)まで船便があり、材木を搬出した。

[小池洋一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

古座川
(和歌山県東牟婁郡古座川町・串本町)
日本百景」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古座川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

古座川の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation