@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

古本【ふるほん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

古本
ふるほん
時代を経た書物,すなわち古書を意味する場合と,現代の書物であっても,読みふるした,あるいは何人かの所有者の手を経た本をさす場合がある。英語では前者に old book,後者に secondhand bookのをあてる。前者は希少価値,歴史的価値のゆえに尊重される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こ‐ほん【古本】
ふるほん。古書。⇔新本
古代の書物。古い文書。
古い伝本。特に江戸初期、慶長・元和(1596~1624)以前のもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふる‐ほん【古本】
《「ふるぼん」とも》
読み古した本。一度他人の所有となった本。⇔新本(しんぽん)
刊行されて時を経た本。古書。こほん。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふるほん【古本】
一般に古書市場で流通している本の総称。古書業界では便宜的に,新刊書でも入手る書物を〈古本〉(英語のsecondhand books),絶版後久しく,価の高くなった書物を〈古書〉(old books),さらに近世およびそれ以前の貴重書を〈古典籍〉(rare books)と区別している。また造本に従って洋本,和本,唐本,内容に従って一般書,専門書,雑誌バックナンバー,資料ものなどに分かれる。書画ぞっき本などの関連商品も古書市場で取引される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こほん【古本】
古くなった本。古書。ふるほん。 ⇔ 新本
古い形の本文・内容の本。 -節用集

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふるほん【古本】
読みふるした本。
刊行されてから時を経た本。古書。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典

古本
別人によって所有された経歴を持つ図書.新本に対する用語.通常,新本で入手可能かかは問わず,高価な値の付く「古書」とは区別する.また,刊行後年月を経て,絶版などのため,出版社や新刊書店では入手できなくなったような古い本(old book)一般を指すこともある.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こ‐ほん【古本】
〘名〙
① 古くなった書物。使いふるした本。古書。ふるほん。
② 古代の書籍。
※史記抄(1477)八「今は即阼謁高廟と云は、阼階から升ると云心歟そ、古本には、皆即祚と作たそ」 〔隋書‐経籍志・一〕
③ 古い伝本。ほぼ慶長・元和(一五九六‐一六二四)以前のものをいう。「古本節用集」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふる‐ほん【古本】
〘名〙 (「ふるぼん」とも) 読み古した本。時代を経た書物。また、読んだあと売りに出された本。古書。こほん。
※俳諧・桃青門弟独吟廿歌仙(1680)緑系子独吟「別春や上野かへりの道すがら 植木古本跡はかすみに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古本」の用語解説はコトバンクが提供しています。

古本の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation