@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

古橋広之進【ふるはしひろのしん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

古橋広之進
ふるはしひろのしん
[生]1928.9.16. 静岡,雄踏
[没]2009.8.2. イタリア,ローマ
水泳選手。1951年日本大学卒業。第2次世界大戦直後の 1947年に 400m自由形,翌 1948年には 400m,1500mの各自由形で世界記録を上回り,敗戦に打ちひしがれた日本国民に希望と自信を与えた。当時日本は国際水泳連盟 FINA加盟を許されていなかったため古橋の記録は公認されず,1948年のロンドンオリンピック競技大会にも参加できなかった。FINA復帰直後の 1949年,全米水上選手権大会でリレーを含む 4種目に世界新記録で優勝し,「フジヤマトビウオ」と現地の新聞で称賛された。1976年より FINA副会長,1985~2003年日本水泳連盟会長,1990~99年日本オリンピック委員会 JOC会長などスポーツ界の要職歴任。1949年ヘルムズ賞,1951年日本スポーツ賞,2004年朝日スポーツ賞など受賞多数。1967年国際水泳殿堂入り。1993年文化功労者に選ばれ,1995年オリンピック・オーダー銀章,2003年旭日重光章,2008年文化勲章受章

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふるはし‐ひろのしん【古橋広之進】
[1928~2009]水泳選手・指導者。静岡の生まれ。日大卒。第二次大戦後、自由形の世界記録を次々と打ち立て「フジヤマのトビウオ」と称賛された。引退後は日本水泳連盟会長・JOC会長などを歴任。平成20年(2008)文化勲章受章。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

古橋広之進 ふるはし-ひろのしん
1928-2009 昭和後期-平成時代の水泳選手,指導者。
昭和3年9月16日生まれ。昭和22年400m自由形で世界新記録を樹立。24年全米選手権で400m,1500mなど自由形3種目に世界新記録で優勝。「フジヤマのトビウオ」とよばれ,敗戦直後の日本人に希望をあたえた。日大教授,日本水泳連盟会長をつとめ,平成2年JOC会長。5年文化功労者。20年文化勲章。平成21年8月2日死去。80歳。静岡県出身。日大卒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ふるはしひろのしん【古橋広之進】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

古橋広之進
ふるはしひろのしん
(1928―2009)

「フジヤマのトビウオ」の異名をもつ水泳選手、水泳指導者。静岡県浜名郡に生まれる。浜松二中(現浜松西高)から日本大学に進み、在学中の1949年(昭和24)全米選手権に参加、400、800、1500メートル自由形と、800メートルリレーの全種目に世界新記録を出した。なかでも1500メートル予選でマークした18分19秒0は、天野富勝(とみかつ)(日大)のもつ18分58秒8を11年ぶりに更新したもので、以後7年間破られなかった。現役時代の1947年から1950年にかけてマークした世界新記録は33という驚異的なもので、第二次世界大戦直後のスポーツ界に明るい話題を提供した。その後も、日本水泳連盟会長を務め水泳界に貢献。1990~1999年には日本オリンピック委員会(JOC)会長を務めた。

[石井恒男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古橋広之進」の用語解説はコトバンクが提供しています。

古橋広之進の関連情報

関連キーワード

島津保次郎斎藤寅次郎マキノ雅広清水宏五所平之助衣笠貞之助田坂具隆稲垣浩キャプラ治安維持法

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation