@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

古河市兵衛【ふるかわいちべえ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

古河市兵衛
ふるかわいちべえ
[生]天保3(1832).3.16. 京都,岡崎
[没]1903.4.5. 東京
実業家。古河財閥の創始者。本姓木村,幼名巳之,のちに幸助。庄屋に生まれ,盛岡の鴻池支店に勤めたのち,26歳のとき京都小野組番頭古河太郎左衛門の養子となり古河市兵衛と名のった。生糸取引で手腕を認められ小野組糸店の支配人となったが,1874年小野組の倒産により独立し,1875年渋沢栄一の援助を得て鉱山経営を始めた。 1877年足尾銅山買収し,鉱毒事件など多くの困難にあいながらもついに経営に成した。以後阿仁銅山院内銀山などを次々に買収し,1897年には銅山 12,銀山8,金山1など 69鉱区に及ぶ大鉱山所有者となり,鉱山王と呼ばれた。また精錬事業など関連事業へも進出し,古河財閥の基礎を築いた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふるかわ‐いちべえ〔ふるかはいちべヱ〕【古河市兵衛】
[1832~1903]実業家。京都の生まれ。本姓は木村。小野組古河太郎左衛門の養子。足尾など多くの鉱山を経営。古河財閥の基礎を築いた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

古河市兵衛 ふるかわ-いちべえ
1832-1903 明治時代の実業家。
天保(てんぽう)3年3月16日生まれ。小野組の番頭として生糸取引に従事。小野組清算後,明治10年足尾銅山を買収。さらに官営の院内・阿仁鉱山の払い下げをうけて事業を拡大。鉱山王とよばれ,古河財閥の基礎をきずいた。明治36年4月5日死去。72歳。京都出身。本姓は木村。幼名は巳之助,幸助。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ふるかわいちべえ【古河市兵衛】
1832‐1903(天保3‐明治36)
明治時代の実業家。古河財閥の創設者で,鉱山王と呼ばれた。京都岡崎に生まれ,幼名を木村巳之助という。17歳で商人を志し,一時は南部藩御用掛鴻池屋伊助店に勤めたが,26歳のとき古河太郎左衛門の養子となり,古河市兵衛と名のった。以後,養父の縁で京都井筒屋小野店に勤め,奥州一帯の生糸を買い付けては外人排斥の危険を冒して横浜に送り,同店の生糸取引に手腕をふるった。その功により38歳で小野宗家より別宅を許され,東京に居を構えて生糸貿易,蚕糸改良,築地製糸場(1871年器械をヨーロッパから輸入し,初めての器械繰りの糸を作る)経営に活躍し,また岡田平蔵らと院内,阿仁など東北各地の鉱山の経営にあたった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふるかわいちべえ【古河市兵衛】
1832~1903 実業家。京都の人。初め小野組生糸買付主任。のち草倉・足尾・阿仁・院内などの鉱山を経営、古河財閥の基礎を築いた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

古河市兵衛
ふるかわいちべえ
(1832―1903)
明治期の実業家、古河財閥の創始者。天保(てんぽう)3年3月16日、京都岡崎の商人の次男に生まれる。幼時から立身出世の願望が強く、伯父を頼って出郷し盛岡の鴻池屋(こうのいけや)の手代となる。1858年(安政5)に小野組(おのぐみ)糸店手代、古河太郎左衛門の養子となり、古河市兵衛を名のる。その後小野組に勤め、幕末・維新期に生糸貿易に敏腕を振るうとともに、阿仁(あに)、院内など諸鉱山の経営にあたった。小野組破産に伴い零落したが、渋沢栄一らの資金援助を得て鉱山業に乗り出し、1877年(明治10)にはそれまで活動の中心をなしてきた生糸取引業をやめ、鉱山経営に専念するようになった。とくに足尾銅山の経営には力を注ぎ、大学出の新進技術者を多数採用して、大通洞の開削をはじめ水力発電所の建設やベッセマー精錬法の導入など鉱山技術の革新に努めた。この結果、買収時には廃山同然であった足尾は、1890年代には早くも全国第一の銅山にまで発展し、市兵衛も銅山王としての地位を築いた。さらに阿仁、院内などの金・銀・銅山および炭坑の経営にあたり、電気精銅所など関連事業へも進出した。晩年には足尾銅山鉱毒事件の発生などにより、彼の独裁は揺らぎ、古河鉱業(現古河機械金属)事務所が設置され経営方針も変化した。明治36年4月5日死去。[杉山和雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふるかわ‐いちべえ【古河市兵衛】
実業家。京都岡崎出身。東京の組糸店の経営にあたっていたが、独立して鉱山経営に進出。足尾銅山を基礎に鉱業の近代化をはかり、産銅業中心の古河財閥の基礎を築いた。天保三~明治三六年(一八三二‐一九〇三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

古河市兵衛
ふるかわいちべえ
1832〜1903
明治時代の実業家
京都の生まれ。1858年小野組番頭古河太郎左衛門の養子となり,小野組の生糸買付主任になる。'74年小野組破産ののち,独立して阿仁・院内・足尾鉱山その他の鉱山経営を進め,古河財閥を築いた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古河市兵衛」の用語解説はコトバンクが提供しています。

古河市兵衛の関連情報

関連キーワード

ハモンドハモンドアービング(Washington Irving)バルザックジョン・L.L.B. ハモンド十二の練習曲サンタンデルショパン雪華図説ヘンリー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation