@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

古画品録【コガヒンロク】

デジタル大辞泉

こがひんろく〔コグワヒンロク〕【古画品録】
中国南斉画家謝赫(しゃかく)が著した画家品評の書。1巻。現存する中国最古画論として知られ、序に挙げられた絵画の規範、六法(りくほう)は有名。→六法

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こがひんろく【古画品録 Gǔ huà pǐn lù】
中国,5世紀の人,謝赫(しやかく)のになる現存最古のまとまった中国画論。《古画品録》そのものは532年から549年の間に成ったと考えられる。三国の曹不興からの陸杲(りくこう)(532年没)まで27人の画家を技量に応じて6段階に品等し,それぞれの画家について簡単な論評を加えたもの。〈画品〉と称されるこの種の書物の最初のものでもある。自序に掲げられた〈六法〉は特に重要であり,絵画を制作し論じるうえでの基準として永く尊重された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

古画品録
こがひんろく

中国、南北朝時代、南斉(なんせい)の謝赫(しゃかく)が著した画論書。6世紀前半に成立。呉の曹不興(そうふこう)から南斉末期までの名画家27人を批評したもので、自序に画品の規準としての六法を定めている。気韻生動(きいんせいどう)(画が生き生きとして生命感にあふれていること)、骨法用筆(こっぽうようひつ)(デッサンがしっかりしていること)、応物象形(おうぶつしょうけい)(ものの形をリアルにとらえること)、随類賦彩(ずいるいふさい)(ものそれぞれに着彩すること)、経営位置(けいえいいち)(構図を考えくふうを凝らすこと)、伝移模写(でんいもしゃ)(古画の模写をもって上達の秘訣(ひけつ)とすること)がそれで、これらは画人の心得として、また画論の根本として重んぜられることとなり、謝赫の名を不朽のものとした。

[吉村 怜]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こがひんろく コグヮヒンロク【古画品録】
中国、南北朝時代の芸術書。一巻。南斉の謝赫(しゃかく)撰。現存する最古の絵画評論。曹不興(そうふこう)、顧愷之(こがいし)、陸探微(りくたんび)など三国時代から南斉までの画家二七人を六つの画品(六法)に分類、短評を記す。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古画品録」の用語解説はコトバンクが提供しています。

古画品録の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation