@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

古義堂【こぎどう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

古義堂
こぎどう
堀河塾,堀河学校ともいう。寛文2 (1662) 年,伊藤仁斎京都堀河 (京都市上京区東堀川通出水) に開設した私塾。実践道徳を重んじる古義学を教えるため,私宅を塾にあてた。子の東涯,蘭嵎 (らんぐう) をはじめ子孫が継承し,明治1 (1868) 年の6代ゆう軒まで続いた。全国から門人が集り,一時は門弟 3000人といわれた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こぎ‐どう〔‐ダウ〕【古義堂】
寛文2年(1662)伊藤仁斎が京都堀川の私宅に開いた学塾。堀川塾堀川学校

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こぎどう【古義堂】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

古義堂
こぎどう

江戸時代、伊藤仁斎(じんさい)が京都・堀川下立売(しもたちうり)に開いた儒学の私塾。堀川学校ともいう。1662年(寛文2)創立。商人出身で古学を講ずる伊藤仁斎・東涯(とうがい)父子のもとに、多くの公卿(くぎょう)、医者、富商らが参集。『論語』『孟子(もうし)』『中庸』を中心とする聖賢の古典の徹底的究明によって、自らの道徳の完成を目ざした。同志、門弟が茶菓を持ち寄り、温かい雰囲気のなかで、研究会や講義によって学習が行われ、独自の塾風が養われ、多くの人材が輩出した。為政者に対する批判はしないが、理念的に、幕府御用の朱子学派を批判し、幕藩支配を根本的に否定する主張を含む。

[木槻哲夫]

『加藤仁平著『伊藤仁斎の学問と教育』(1940・目黒書店)』『吉川幸次郎・清水茂編『日本思想大系33 伊藤仁斎・伊藤東涯』(1971・岩波書店)』『天理図書館編・刊『古義堂文庫目録』(1956)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こぎ‐どう ‥ダウ【古義堂】
伊藤仁斎が寛文二年(一六六二)三六歳のとき、京都堀川下立売の私邸に開いた私塾。仁斎没後、改築されたが二度火災にあい、明治二七年(一八九四)再建。名称は仁斎の号に由来。堀川塾。堀川学校。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

古義堂
こぎどう
江戸前期,伊藤仁斎が京都に開いた私塾
堀川塾ともいう。1662年,仁斎が京都の東堀川通りの私邸で私塾を開き古義学派の中核的教育機関とした。その子東涯のとき最盛期を迎え,古義堂の名はいっそう広まった。明治初年まで存続した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古義堂」の用語解説はコトバンクが提供しています。

古義堂の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation