@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

古詩【こし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

古詩
こし
Gu-shi
中国,古典名称。時代による名称と,詩体による名称との2通りの意味をもつ。 (1) 時代による名称としては,もと六朝時代に,晋以前の詩をさしていい,唐に入って近体詩成立してからは,その成立以前の詩をさしていった。 (2) 詩体による名称としては,やはり近体詩の成立以後,韻律その他に関する近体詩の規則に従わない,比較的自由な形式の詩をいう。詩体の名称としてはまた「古体詩」とも呼ばれ,そのうち楽府 (がふ) 体に属するものを「歌行」,そうでないものを「古詩」と分けていうこともある。大多数は5言または7言ので構成され,それぞれ五言古詩七言古詩と呼ばれ,七言古詩にはときに8字以上の句を含むことがあるが,五言古詩にはその例外はまれである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こ‐し【古詩】
古代の詩。
漢詩で、唐代に完成した絶句律詩などの近体詩に対し、それ以前の、を踏むだけで平仄(ひょうそく)や句数などに制限のない詩。また、唐代以降の詩で、この形式で作られたもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こし【古詩 gǔ shī】
広義には,平仄(ひようそく)や句数の制約を受けない唐以前の中国の詩を総称する。清の沈徳潜(しんとくせん)の《古詩源》などは,そうした詩を集めたもの。またそのような古い形式にのっとって作られた唐以後の詩をも古詩という。詩型上は古体詩に属し,唐代に完成した律詩・絶句の今(近)体詩に対応する。 狭義には,漢代に作られた一連の作者不明の五言詩を指す。その成立についてはなお不明なところが多いが,おそらく前漢末から後漢にかけて現れた歌謡起源を持つと思われる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こし【古詩】
昔の古い詩。
中国の古典詩で、古体の詩型に属するもの。近体詩の成立する唐代以前の詩のほか、古体にならって作られた唐代以後の詩をもいう。
漢代に成立した一連の作者未詳の五言詩。「文選もんぜん」の古詩十九首はその代表例。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

古詩
こし
中国古典詩の一体。元来は六朝(りくちょう)時代に、それより古い時代の詩、という意味で、主として漢代の詩をさしていったものである。唐代になって近(今)体詩(絶句・律詩)が新たにおこってからは、近体詩に対する古(体)詩の意味に用いられるようになった。すなわち、近体詩でないものが古詩であるが、通常これは2種の意味をもつ。第一は近体詩成立以前の詩、すなわち太古から隋(ずい)までのすべての詩をさす。ただし、『詩経(しきょう)』と『楚辞(そじ)』の詩は含まれないのが普通である。明(みん)・清(しん)代に多く編纂(へんさん)された古詩の集は、いずれもこの類の古詩を対象とする。第二は近体詩成立以後でも、近体詩の規格に沿わない詩をさす。一般的に、古詩の体裁を近体詩と比較すると、すべてに自由であることが特色である。つまり、(1)句数の長短に制限がない、(2)律詩のような対句を用いる決まりもない、(3)韻の踏み方も、近体詩のように平声(ひょうしょう)に属する一種の韻を偶数番目の句末に踏む(第一句にも踏むことがある)というのではなく、仄(そく)韻(平らでない声調に属する韻)を用いたり、途中で韻をかえたり(換韻)、毎句末に韻を踏んだりすることがある。
 古詩は長い時代の広がりのなかに、4句、6句の短いものから二百数十句に及ぶ長いものまで、近体詩に近似する整ったものから、長短不ぞろいの字数の句を含む楽府(がふ)体まで、多様なタイプに分かれるが、自由な体裁ゆえに自由な歌いぶりをもって、近体詩と詩を二分する形で後世に受け継がれた。主要な形式は近体詩と同じく、五言(ごごん)と七言である。[石川忠久]
『石川忠久著「古詩」(『中国文化叢書4 文学概論』所収・1967・大修館書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こ‐し【古詩】
〘名〙
① 古代の詩。昔の古い詩。
※続日本紀‐宝亀元年(770)三月辛卯「其余四首、並是古詩」 〔漢書‐芸文志〕
② 中国古典詩の一体。近体詩(律詩・絶句)に対してその成立以前のもの。すなわち漢以降、唐初にいたる時代の詩、および近体詩成立以後の詩で、韻律についての近体詩の規式に従わない自由な形式の詩をいう。古体詩。
※菅家文草(900頃)六・北堂文選竟宴、各詠史、得乗月弄潺湲「文選三十巻、古詩一五言」 〔文体明弁‐五言古詩〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古詩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

古詩の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation