@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

古都アユタヤ【ことアユタヤ】

世界遺産詳解

ことアユタヤ【古都アユタヤ】
1991年に登録された世界遺産(文化遺産)。タイ中部、首都バンコクの北約70kmに位置するアユタヤ県にある遺跡群である。これらの遺跡群は、チャオプラヤー川とその支流であるパーサック川、ロッブリー川に囲まれた地域に集中し、ワット・プラ・シー・サンペット、ワット・ロカヤ・スタなどの上座部仏教(小乗仏教)の寺院跡や、かつてのアユタヤ朝のバン・パイン宮殿(離宮)跡などが残っている。アユタヤ王朝は1351~1767年に栄えたタイ族の王朝で、中国、日本、琉球などの東アジア国家、東南アジアの諸島、アラブ・ペルシアなどとの交易で栄えた。上座部仏教を信仰していた歴代の王は、その膨大な貿易の富により、数々の寺院(ワット)を建設した。同王朝は1767年にビルマ(現・ミャンマー)の攻撃を受けて滅亡した。その際、アユタヤの建造物や仏像は徹底的に破壊され、ほとんどの寺院は廃墟となったが、ワット・プー・カオ・トンなどは残されている。◇英名はHistoric City of Ayutthaya

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古都アユタヤ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

古都アユタヤの関連情報

関連キーワード

スペースシャトル飛行記録今江祥智磯崎新トルクメニスタンユーゴ紛争道浦母都子[各個指定]芸能部門国連加盟年月日ごとの加盟国一覧エゴロワアルメニア共和国

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation