@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

古風【コフウ】

デジタル大辞泉

こ‐ふう【古風】
[名・形動]
古い習慣や流儀。昔風の考え方や、やり方。また、そのさま。「古風なしきたり」「古風な考え」「古風な女性」
古体の漢詩。古詩。
俳諧で、談林派が自己の作風を当風と称したのに対して、貞門の俳風をいう。
[派生]こふうさ[名]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こふう【古風】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

こ‐ふう【古風】
〘名〙
① (形動) 昔風の考え方ややり方。規範とすべき古い時代の様子。昔の風俗や風習。また、そのように時代がかっているさま。ふるめかしいさま。いにしえぶり。
※中右記‐寛治八年(1094)一〇月一〇日「相揖出了、是所謂壁中揖也、近代絶了歟、雖然今日之儀已存古風、仍所行也」
※敗北の文学(1929)〈宮本顕治〉五「多くの人々の氏に関する追憶は、ことごとく氏が一面古風な人情家であったことを伝へてゐる」 〔新唐書‐王仲舒伝〕
② 和歌で、「万葉集」あるいはそれと同時代の歌。また、そういう歌風。
※明衡往来(11C中か)上本「難波津古風一篇事。右拝見之処、花山僧正之長此道
③ 俳諧で、松永貞徳の流派の俳風をいう。談林派が自己の作風を当風と称したところからいわれた語。
※俳諧・田舎の句合(1680)二三番「むかしは鱸(すずき)、今はふぐ、古風は鱸魚(ろぎょ)を愛して河豚をしらず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふるき【古】 風(かぜ)
(「古風(こふう)」の訓読み) 昔のふう。こふう。
※広本拾玉集(1346)二「ふるきかせ松の梢にふかずともこの世みだすな住吉の神」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふる‐かぜ【古風】
〘名〙
① (「古風(こふう)」の訓読み) 昔のふう。こふう。
② 昔のままの風。昔なじみの風。
※広本拾玉集(1346)四「古風やまつの梢にかへるらん月は明石のうらぞすずしき」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古風」の用語解説はコトバンクが提供しています。

古風の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation