@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

句践【こうせん】

世界大百科事典 第2版

こうせん【句践 Gōu jiàn】
?‐前465
中国,春秋末の越の王。在位,前496‐前465年。父允常(いんじよう)以来隣国の呉とは宿敵の関係にあった。父の死後,句践が立って呉王闔閭(こうりよ)を破ると,闔閭の遺命をうけた子の夫差は,2年後に句践を会稽山に下して父のに報いた(前494)。許されて帰国した句践は,范蠡(はんれい)らとともに臥薪嘗胆(がしんしようたん)して会稽山の恥を忘れることなく力を養って20年,ついに前473年に呉を討ってこれを滅ぼした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

句践」の用語解説はコトバンクが提供しています。

句践の関連情報

関連キーワード

闔閭ゲラシウス1世闔閭春秋五覇夫差闔閭都市再生機構と関連財団、企業鉱工業生産指数アイセロ化学民間金融機関のギリシャ支援

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation