@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

可変容量ダイオード【かへんようりょうダイオード】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

可変容量ダイオード
かへんようりょうダイオード
variable capacitance diode
電圧によって電気容量が変化するダイオードで,バラクタ varactorとも呼ぶ。p型半導体とn型半導体を接合したダイオードにおいて電圧を印加しない場合,p-n接合面の近くではそれぞれの半導体から電子および正孔が拡散し合って中和し,可動電荷のない空乏層が形成される。可動電荷のある部分は金属のように導電体であり,可動電荷のない部分は絶縁体となることに注意すると,ダイオードは一種の容量 (コンデンサ) となっていると考えられる。さらに,このダイオードにp側が負にn側が正になるような電圧 (逆バイアス) を加えると,正孔は負電圧側に,電子は正電圧側に引寄せられ,空乏層が広がる。換言すれば,コンデンサとしての極板間の距離が増大するので,容量が減少する。つまり,ダイオードに加える直流バイアス電圧を変えることによって,その両端の容量を変えることができる。p型半導体あるいはn型半導体の不純物の濃度勾配を変えることによって種々の電圧-容量特性のものが得られる。このダイオードは,テレビやラジオの電子チューナや同調のずれを自動的に補正する自動周波数制御に用いられる。そのほか,周波数変調器,低雑音パラメトリック増幅器などの用途がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かへんようりょう‐ダイオード〔カヘンヨウリヤウ‐〕【可変容量ダイオード】
電圧を変化させることによって電気容量が変化するダイオードバラクターバリキャップ。電圧可変コンデンサー。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かへんようりょうだいおーど【可変容量ダイオード】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

かへんようりょう‐ダイオード カヘンヨウリャウ‥【可変容量ダイオード】
〘名〙 (ダイオードはdiode) 半導体ダイオードの接合面に生じる静電容量は、ダイオードに加わる電圧の大きさによって変化するという性質を利用して作られた、電圧によって静電容量の変化するダイオード。バラクタ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

可変容量ダイオード」の用語解説はコトバンクが提供しています。

可変容量ダイオードの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation