@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

可変抵抗器【カヘンテイコウキ】

デジタル大辞泉

かへん‐ていこうき〔‐テイカウキ〕【可変抵抗器】
抵抗線を巻いたコイル上を接触片が移動して接点を変え、抵抗値を加減することのできる抵抗器電流電圧調節に用いる。レオスタット加減抵抗器

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かへんていこうき【可変抵抗器】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

可変抵抗器
かへんていこうき

電気回路において抵抗値を変えられる抵抗器。通信機に使われるボリュームとよばれるものと、電動機や発電機の電流、速度、電圧などの制御に用いられるレオスタットとよばれるものとがある。

[吹野 正]

ボリューム

抵抗体の表面を摺動子(しゅうどうし)を移動させることによって抵抗値を変える構造となっている。抵抗体は炭素粉末と樹脂結合剤の混合物を塗布、焼付けし、馬蹄(ばてい)形に加工してあり、回転軸に連結した摺動子を回転させることにより、抵抗体の一端と摺動子の端子間の抵抗値が変化することになる。抵抗体には、ニッケル‐クロム、マンガンなどの抵抗線を巻き付けた巻線(まきせん)形がある。1990年代には、光や磁気などで電気抵抗が変化する素子が開発され、無接触の可変抵抗器がつくられている。

[吹野 正]

レオスタット

金属線を用いたものと、液体抵抗を用いたものとがある。金属抵抗器は、銅‐ニッケル合金または鉄を主体としたクロム‐アルミニウム合金などの抵抗線でつくられる。抵抗体の構造には、巻線状、リボン状、格子状などがある。抵抗値の加減には、磁器管に抵抗線を細かく巻き、その外面に摺動子(摺動接点)を置いて、これを移動する方式(原理的にはボリュームと同じである)、抵抗線の途中から必要数のタップを出しておき、その接点を移動する方式などがある。抵抗値を変える場合、摺動接点を用いるものは微調整ができるが、タップ式のものは段階式になる。タップ式は中電流、大電流用で、電動機や発電機の界磁調整器、電動機の始動抵抗、速度制御用抵抗として広く用いられる。

 液体抵抗器は、炭酸ソーダの水溶液に鉄系または銅系の電極を挿入し、極間距離または挿入の深さを変えることにより無段階に抵抗値を変えられ、巻線形誘導電動機の二次抵抗制御などに用いられる。

[磯部直吉]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かへん‐ていこうき ‥テイカウキ【可変抵抗器】
〘名〙 連続的または断続的に抵抗値を変えることのできる抵抗器。電流や電圧の調整、電子回路部品などに広く用いられる。加減抵抗器。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

可変抵抗器」の用語解説はコトバンクが提供しています。

可変抵抗器の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation