@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

可航河川【かこうかせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

可航河川
かこうかせん
navigable river
一定の大きさの船舶通航が可能な河川内陸水路として用いられるが,その場合,一定の水深航路幅,流速の緩和が必要である。このため勾配の大きい河川ではダムと閘門を設備したり,河川と平行運河を掘削して航路を維持し,また浚渫を反復して水位と水深を一定に保つ。セントローレンス川揚子江,アマゾン川のように大型外洋船の遡航が可能な河川もあるが,世界の大部分の可航河川は,はしけ用水路として重要であり,特にアメリカやヨーロッパ大陸では可航河川は多くの運河によって相互に連絡し,貨物輸送網を形成している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

可航河川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

可航河川の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation