@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

可逆圧縮【カギャクアッシュク】

パソコンで困ったときに開く本

可逆圧縮
データ圧縮で、解凍(伸長)時に取り出されるデータがオリジナルのデータと完全に同じになる(これが可逆)方式のことをいいます。当然のことのように感じますが、解凍したデータがオリジナルとは異なる「不可逆圧縮」も存在します。
⇨不可逆圧縮、ロスレス

出典:(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本

デジタル大辞泉

かぎゃく‐あっしゅく【可逆圧縮】
lossless compression》コンピューターで、圧縮後のファイルから圧縮前と同一のファイルを復元できる圧縮方式。ロスレス圧縮。→非可逆圧縮

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典

かぎゃくあっしゅく【可逆圧縮】
解凍すると完全に元の状態に戻すことができる圧縮方式。データを欠落させずに圧縮する。LZHZIPなど。⇔非可逆圧縮 ◇「可逆式圧縮」「可逆性圧縮」「ロスレス圧縮」ともいう。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

可逆圧縮」の用語解説はコトバンクが提供しています。

可逆圧縮の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation