@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

台座【だいざ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

台座
だいざ
を載せる台。仏像荘厳具で,時代や像の種類,材質により形式が異なる。須弥山 (しゅみせん) を象徴する須弥座 (胴部が細く宣の字に似ることから宣字座ともいう) ,仏像の前面に大きく垂れた裳懸 (もかけざ) ,周辺に蓮弁をふいた蓮華座岩石の形をした岩座,不動明王に特有な形式である長方形の柱を井桁 (いげた) に組んだ瑟々 (しつしつ) 座,洲浜 (すはま) の形をした洲浜座,簡単な形式の方座,牀几 (しょうぎ) のような形の牀座,礼盤の形をした礼盤座,鳥獣が台になった鳥獣座 (禽獣座,鬼形の場合には邪鬼という) ,荷葉 (かしょう) 座,框 (かまち) 座,方座に獅子を配した獅 (師) 子座などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

だい‐ざ【台座】
物を載せておく台。
仏像や肖像彫刻などを安置する台。仏像の台座としては須弥(しゅみ)座・蓮華(れんげ)座・禽獣(きんじゅう)座など多様な形式がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

だいざ【台座】
仏像彫刻を安置するための台で,像がその上に座し,臥し,あるいは立つものをいう。古くは仏座といい,また金剛宝座金剛座とも呼ぶ。これは仏の座すところはいかなる悪魔外道もこれを侵すことができない堅固な座であるというである。釈迦成道の地,インドのブッダガヤーの菩提樹下には,釈迦の座としての金剛宝座のみが安置される。また獅子座といって,獅子の彫刻をその前面にあらわすものがある。これは釈迦族の獅子とよばれた釈迦を象徴するものであり,同時に説法獅子吼(ししく)した釈迦を象徴するものであろう。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

だい‐ざ【台座】
〘名〙
① 物をその上にのせておく台。
※説経節・説経苅萱(1631)下「このよにたてたるそとはは、おなじたいさになをったるがごとくなり」
※浮世草子・本朝桜陰比事(1689)一「台座(タイザ)を改めさせ御覧ありしに、一つの折紙あって」
② 仏像を安置しておく台。その形によって、蓮華をかたどった「蓮華座」、須彌山(しゅみせん)をかたどった「須彌座」、岩をかたどった「岩座」、鳥獣をかたどった「鳥獣座」などがある。また、仏を人中の獅子と称するところから、「獅子の座」ともいう。
※俳諧・毛吹草(1638)六「世界をば台座(ダイザ)か富士の雪仏〈昌意〉」
③ (胴体をのせておく台の意) 尻をいう。
※歌舞伎・幼稚子敵討(1753)六「脳頭(のうとう)からだいざ迄、唐竹割じゃ」
④ (首をのせておく台の意) 胴体をいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

台座
だいざ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

台座」の用語解説はコトバンクが提供しています。

台座の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation