@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

台網【だいあみ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

台網
だいあみ
定置網一種袋網垣網の2部分,または袋囲い網,垣網の3部分から成る。群の通路に設置して,これを誘導し,袋網に入れて漁獲する。構造のうえから大敷網形と大謀網形とに分類されるが,ともに垣網の部分を大きな浮子 (あば) と沈子 (いわ) で固し,これを台とするところからこの名がある。主としてぶり,さわらなど回遊性魚の漁獲に使用される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

だい‐あみ【台網】
建て網の中で規模の大きいもの。マグロブリなどの大形の回遊魚対象とする。大謀(だいぼう)網・大敷(おおしき)網がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

だいあみ【台網】
垣網と身網(囊網)とからなる建網類のひとつで,浮子(あば)と沈子(いわ)とを用いて網を魚道に定置し,そこを通過する魚群を知らず知らずのうちに身網に誘導し,おちこむようにするもの。特徴は水中の身網を起こしあげて魚を捕獲する点。台網の名は,身網の首部にとりつけた大きな浮子を台木と称したことからでたといわれる。この類の網は規模も大きく漁場外海で,しかも湾入個所にあって回遊魚が漁期になると必ず来遊する魚道であることが必要であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

だいあみ【台網】
建て網の一。垣網と身網みあみから成り、網を魚道に定置して魚を身網部に誘導し捕獲する。マグロ・ブリ漁に使われる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

台網
だいあみ
漁具の一種。定置網(建(たて)網)類に属する。魚捕部と垣網部との2部、あるいは魚捕部、囲網(かこいあみ)部および垣網部の3部からなり、垣網によって誘導された魚群をただちに魚捕部に落とし入れる構造である。台網類はその構造上は大敷(おおしき)網類と大謀(だいぼう)網類に分類される。大敷網類は建網のうちではその起源がもっとも古く、山口県におこった西南系大敷網と、富山湾でおこった北陸系台網とがあった。大敷網類の魚捕部は三角形状で、奥部の三角の頂点は台とよぶ大浮子(あば)に連結されている。三角形状の魚捕部の一辺が開口しているため、魚群は入りやすい反面、出やすい欠点も持ち合わせている。大敷網類だけでなく大謀網も消滅しつつある。[笹川康雄・三浦汀介]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だい‐あみ【台網】
〘名〙 建網の一種。マグロやブリなどの捕獲に用いる規模の大きなもの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

台網」の用語解説はコトバンクが提供しています。

台網の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation