@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

台風の上陸【たいふうのじょうりく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

台風の上陸
たいふうのじょうりく
台風の中心が北海道本州四国九州海岸に達した状態。台風の中心が沖縄島やその他島嶼,小さい半島を横切って短時間で再び海上に出る場合は「台風の通過」という。また,台風の中心がある地点や地理的な境界線海岸線県境など)から半径 300km以内の域内に入ることを「台風の接近」といい,日本本土への接近という場合は,北海道,本州,四国,九州のいずれかへの接近をさす。台風の上陸数が多い都道府県と数は,1986年から 2007年の統計では,鹿児島県 12,和歌山県 10である。台風の接近が多い都道府県と数は,1951年から 2007年の統計で,沖縄県 422,東京都 319(伊豆諸島小笠原を含む),鹿児島県 274である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

台風の上陸
気象庁は、台風の中心が本州、北海道、九州、四国の海岸線に達した場合を「上陸」と定義離島などを横切り、短時間で再び海に出る場合は「通過」としている。
(2008-10-23 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

台風の上陸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

台風の上陸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation