@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

台風の眼【たいふうのめ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

台風の眼
たいふうのめ
eye of typhoon
台風の中心付近(気圧の最も低いところ)で風が弱くが少ない部分。雲が切れて青空が見られることが多い。これは下降気流があるためである。のまわりには激しい上昇気流と発達した積乱雲が壁のように取り巻いており,そこでは猛烈な暴風雨となっている。この眼の壁のすぐ外は濃密な積乱雲が占めており,激しい雨が連続的に降っている。さらに外側の 200~600kmのところには帯状降雨帯があり,断続的に激しい雨が降り,ときには竜巻が発生することもあり,台風のまわりにを巻くように存在している。一般に台風の眼は,絶えずその形や大きさを変えており,眼の大きさは直径 10~100kmくらいであるが,まれに 100kmをこえることもある。また,眼の大きさは台風の発達期から最盛期には小さくはっきりとした円形となるが,逆に衰弱期には眼が大きくなり円形が崩れ,ついには消滅する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たいふうのめ【台風の眼】[書名]
日野啓三の小説。悪性腫瘍手術を機に、小説家の記憶の中にある情景を描いた自伝的小説。平成5年(1993)刊行。同年、第46回野間文芸賞受賞。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

台風の眼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

台風の眼の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation