@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

史学雑誌【しがくざっし】

世界大百科事典 第2版

しがくざっし【史学雑誌】
日本の代表的な歴史研究の月刊専門誌。1889年に史学会の創立とともに創刊された。史学会は東京大学史学科を基盤とした学会であったため,同誌は官学アカデミズムの色彩が濃い。とくに京都大学史学科の誕生を契機に東大アカデミズムの研究誌となり,日本の実証的な近代歴史学の形成に寄与してきた。現在は東京大学文学部に本部をもつ史学会によって編集され,山川出版社から刊行されている。【山本 武利】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

史学雑誌
しがくざっし
1889年(明治22)11月に創立された史学会の機関誌。同年12月に『史学会雑誌』の名で創刊され、1892年『史学雑誌』と改称。東京大学文科大学の史学科教師に1887年に招かれたドイツの歴史家L・リースの指導で発刊された。実証史学にたち、日本、東洋、西洋にわたる歴史学発展の基礎となった。初期には、久米邦武(くめくにたけ)の「神道は祭天の古俗」や「太平記は史学に益なし」(ともに1891年)などの注目を浴びた論文がある。東京大学内に事務所を置き、現在に至る。月刊。[河内八郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

史学雑誌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

史学雑誌の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation