@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

右大臣【うだいじん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

右大臣
うだいじん
(1) 律令制で,太政大臣左大臣の次に位し,政務轄した。太政大臣,左大臣,右大臣を総称して三公という。唐の右丞相右相府右府などに相当する。正従二位相当官。職掌は左大臣と同じく太政官の政事,宮中儀式を総裁した。大化1 (645) 年,蘇我倉山田石川麻呂じられたのが最初。天平宝字2 (758) 年,藤原仲麻呂の官名改易時に大保と称したが,まもなく旧名に復した。武家政権下では有名無実となった。

(2) 明治2 (1869) 年7月8日の職員令制定により,太政官に設けられた官職左大臣とともに太政官の長官として天皇を補佐し,大政を統理し,官事を総判する任を負った。定員は1名,相当位は従一位または正二位。同4年7月 29日の官制改革により,一時その名称が消えたが,同年8月 10日の改革で再び,正院三職 (太政大臣,左・右大臣,参議をいう) の一つとして復活した。 1885年 12月 22日太政官達 69号による内閣制度の発足とともに廃止された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

う‐だいじん【右大臣】
律令制で、太政官の長官。太政大臣左大臣の次に位し、政務を統理した。右府。右丞相(うしょうじょう)。右僕射(うぼくや)。みぎのおとど。みぎのおおいもうちぎみ。
明治初期の太政官制の官名。初め左大臣と並ぶ最高官であったが、のち太政大臣の下に置かれた。明治18年(1885)内閣制度発足で廃止。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みぎ‐の‐おおいもうちぎみ〔‐おほいまうちぎみ〕【右大臣】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みぎ‐の‐おとど【右大臣】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うだいじん【右大臣】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

右大臣
うだいじん

(1)令(りょう)制の官職。太政(だいじょう)大臣、左(さ)大臣とともに太政官の中枢を構成。地位は左大臣に次ぐが、その職掌、官位相当とも左大臣と同じで、衆務を統理し、綱目を挙(あ)げ持(と)り、庶事を惣判(そうはん)することを任務とし、二品(にほん)、二位相当官である。『日本書紀』によれば、大化改新での新人事で、蘇我倉山田石川麻呂(そがのくらのやまだのいしかわのまろ)が任ぜられたのが初見である。天智(てんじ)朝には官制として成立していたらしいが、大宝(たいほう)令制との異同は不詳。唐名の大保(たいほ)に比するのが一般的であるが、この官職名は日本独自のもので、その由来については前代の大臣(おおおみ)に関連するとの見方もあるが確証はない。奈良時代には太政官最高位に位置することも多かったが、平安時代に入るとその地位は名目化した。(2)明治初期の官制。1869年(明治2)、版籍奉還後の太政(だじょう)官制の改革により、左大臣とともに天皇を輔佐(ほさ)する最高官として設けられ、三条実美(さねとみ)が任ぜられた。71年、廃藩置県後の改革で一時廃官されたが、直後に再置され、太政大臣の下に置かれて、左大臣、参議とともに正院を構成し、岩倉具視(ともみ)が任ぜられた。85年内閣制度が成立し、廃された。

[佐藤宗諄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

う‐だいじん【右大臣】
〘名〙 太政官の官名。太政大臣、左大臣に次ぐ地位で、天皇を補佐して政務を統轄し、左大臣が空席または出仕不能の場合には、政務、儀式を総裁する職。明治時代になって、内閣制の実施とともに、廃された。みぎのおとど。みぎのおおいもうちぎみ。右相閤。右相国。右丞相。右相府。右相。右府。右大閤。〔令義解(718)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

右大臣
うだいじん
律令の官制で,左大臣につぐ官職
②明治初期の太政官制上の官職
645年大化の改新で,蘇我倉山田石川麻呂が就任したのが最初。職掌・相当位は左大臣と同じ。
1869年太政官制がととのえられ,左大臣とともに最高官として設置された。一時中絶したがまもなく再設置。左大臣・参議とともに正院を構成した。'85年内閣制度の創設により廃止。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

右大臣」の用語解説はコトバンクが提供しています。

右大臣の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation