@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

司法修習生【シホウシュウシュウセイ】

デジタル大辞泉

しほう‐しゅうしゅうせい〔シハフシウシフセイ〕【司法修習生】
司法試験に合格し、裁判官検察官弁護士となるため、最高裁判所から命じられて司法研修所裁判所検察庁弁護士会で法律実務を修習中の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しほうしゅうしゅうせい【司法修習生】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

司法修習生
しほうしゅうしゅうせい

司法試験合格者のなかから最高裁判所に任命されて(裁判所法66条)、司法研修所などで法律実務を修習する者。採用選考は面接と身体検査によって行われるが、司法試験は資格試験であり、希望者は原則として全員採用される。1年間(以上)の修習ののち、試験に合格すれば修習終了となり(同法67条)、通例、法曹三者(裁判官、検察官、弁護士)のいずれかへ進む。国家公務員ではないが、修習期間中は国庫から一定額の給与を支給する給費制がとられていた。しかし2011年(平成23)11月より、生活資金を無利息で貸す貸与制へと移行した。

[大出良知]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しほう‐しゅうしゅうせい シハフシウシフセイ【司法修習生】
〘名〙 司法試験の合格者で、最高裁判所から命ぜられ、司法研修所を中心に、裁判所、検察庁、弁護士会で実務を修習中の者。二年間修習のうえ試験に合格すると判事補、検事または弁護士になる資格を得る。
※裁判所法(1947)六七条三項「司法修習生は、その修習期間中、国庫から一定額の給与を受ける」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

司法修習生」の用語解説はコトバンクが提供しています。

司法修習生の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation