@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

司法制度改革推進法【しほうせいどかいかくすいしんほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

司法制度改革推進法
しほうせいどかいかくすいしんほう
平成13年法律119号。2001年の司法制度改革審議会の最終意見の趣旨にのっとって行なわれる司法制度改革の基本理念と基本方針を掲げるとともに,推進計画の策定,国と日本弁護士連合会責務などを定めた法律。内閣総理大臣を本部長とする司法制度改革推進本部(3年間の時限機関)を置いた。基本方針には次の 3点があげられた。(1) 民事刑事における裁判所手続のいっそうの充実・迅速化等。(2) 法曹人口の大幅な増加と法科大学院(ロースクール)整備など法曹養成制度の見直し。(3) 国民の司法制度への関与拡充と理解の増進およびその信頼向上のため,国民が裁判官とともに刑事訴訟手続に関与する制度(裁判員制度)の導入(→裁判員の参加する刑事裁判に関する法律)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

司法制度改革推進法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

司法制度改革推進法の関連情報

関連キーワード

一一九番心肺蘇生法(救命・応急手当の基礎知識)救急車緊急通報用電話番号アトリエ・ワン有棘赤血球舞踏病救急車の出動を巡る動き東北3県の医師不足硫黄農林統計

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation