@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

司法行政権【しほうぎょうせいけん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

司法行政権
しほうぎょうせいけん
裁判官の人事,裁判所職員の任免および監督,裁判所の会計経理など,司法の運営にかかわる行政権能。大日本帝国憲法のもとでは,司法行政権は内閣に属する司法大臣が行使したが,日本国憲法のもとでは,司法権の独立を確実なものとする趣旨から,下級裁判所裁判官の指名権は最高裁判所に付与し (憲法 80条1項) ,司法行政上の監督権は最高裁判所を頂点として各裁判所に属するものとし (裁判所法 80) ,司法行政事務は裁判官会の議によるべきものとされている (12,20,29条) 。なお司法行政監督権が,裁判官の裁判権に影響を及ぼすことも司法の独立の観点から許されない (81条) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

司法行政権」の用語解説はコトバンクが提供しています。

司法行政権の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation