@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

司馬光【しばこう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

司馬光
しばこう
Si-ma Guang; Ssǔ-ma Kuang
[生]天禧3(1019)
[没]元祐1(1086).9.
中国,北宋の学者,政治家。陝州夏県 (山西省夏県) 連水郷の人。字は君実。号は迂夫,迂叟 (うそう) 。諡は太師温国公文正,また温公。そく水 (そくすい) 先生と称される。地方官を歴任したのち,中央政府に入ったが,革新派の王安石と合わず,退いて『資治通鑑』の編集に専念した。哲宗が即位するとその宰相となり,王安石の新法を廃して旧法に復し,保守派の信望を集めたが,まもなく死亡した。その思想儒学老荘を交えている。その他の著書『潜虚』『司馬文正公集』がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しば‐こう〔‐クワウ〕【司馬光】
[1019~1086]中国、北宋政治家・歴史家。涑水(そくすい)(山西省)の人。神宗のとき王安石の新法に反対して辞職。「資治通鑑(しじつがん)」の編纂(へんさん)に没頭。神宗後に宰相となり、旧法の復活に尽力したが、8か月後に病死司馬温公とも称される。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しばこう【司馬光 Sī mǎ Guāng】
1019‐86
中国,北宋中期の歴史学者,政治家。字は君実,諡(おくりな)は文正。温国公に封ぜられたため司馬温公とも呼ぶ。山西省の南西部夏県涑水(そくすい)郷の出身。父の司馬池は杭州などの州知事で終わった。幼少から沈着で老成の風があり,すべてに謹厳で字を書いても一字もゆるがせにしなかった。1038年(宝元1)20歳で科挙の上位に合格,簽蘇州判官事(蘇州の総務部長)をふりだしに太原の副知事などを歴任,早くから中央に戻った。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

司馬光
しばこう
(1019―1086)

中国、北宋(ほくそう)の仁宗、英宗、神宗、哲宗の4代の皇帝の治世に活躍した官僚政治家。字(あざな)は君実。没後温国公に封ぜられたので司馬温公(おんこう)とも、山西省陝州(せんしゅう)夏県涑水(そくすい)郷の出身のため涑水先生ともよばれる。最後に宰相となり、いわゆる旧法党の領袖(りょうしゅう)として、王安石の行った新法に鋭く対決したが、その名はむしろ、1066年に勅命を受けて撰述(せんじゅつ)を開始し、84年に完成させた名著『資治通鑑(しじつがん)』(歴代名臣事跡)294巻により、司馬遷と並ぶ歴史家として今日に伝わっている。

 少年のとき、大きな水甕(みずがめ)に溺(おぼ)れた幼児をその甕を砕いて救い出したエピソードは、物よりも人の生命を尊重した彼の哲学を伝えるものとしてよく知られ、温公といわれたゆえんでもあるが、この姿勢は彼の生涯にわたって貫かれたばかりでなく、『涑水紀聞』その他の彼の著述、とくに『資治通鑑』における記事の選択や評価の原点となっている。中国の戦国時代から五代王朝までの1362年間の通史であるこの書物が、有名な宋学(呂(ろ)、張、朱、陸学)の形成をはじめ、王夫之(おうふうし)、梁啓超(りょうけいちょう)の思想から毛沢東(もうたくとう)思想に至るまで有形無形の影響を及ぼしたのも、そのなかに人間の弱さについての普遍的認識が流れていたからであるが、さらに中国のほかベトナム、朝鮮、日本といった東アジアの諸地域にまで広がり、それぞれの地域の文化と民族の主体的自覚を促すのに寄与した。著書は多く、各分野にわたるが、上述のほか心の深層をうかがうものとして『温国文正公文集』『司馬温公詩話』などがある。

[山内正博]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しば‐こう ‥クヮウ【司馬光】
中国、北宋の学者、政治家。字(あざな)は君実。諡(おくりな)は文正。斉物子(せいぶつし)と号し、温国公、温公などと称された。山西夏県の人。神宗のとき、王安石の新法に反対して引退。次の哲宗のとき宰相になり、新法を廃し旧法に復した。著書に「資治通鑑(しじつがん)」があり、文集を「司馬文正公集」という。七歳のとき、庭の水瓶に落ちた友を瓶を石でわって助けた故事は有名。(一〇一九‐八六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

司馬光」の用語解説はコトバンクが提供しています。

司馬光の関連情報

関連キーワード

ヤロスラフヤロスラフ1世(賢公)藤原道長戦災孤児安倍貞任有国曽鞏宋敏求刀伊

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation