@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

合わせガラス【あわせガラス】

家とインテリアの用語がわかる辞典

あわせガラス【合わせガラス】
安全性を高めた機能ガラス。2枚の板ガラスの間に合成樹脂の膜をはさみ、加熱圧着したもの。破損しても破片が飛び散らない。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集

合わせガラス
強じんできわめて接着力の強い中間膜(フィルム)を2枚のガラスではさみこみ、高熱圧着したもの。万一破損しても中間膜にガラスが接着しているため破片の飛散落下はほとんどなく、安全性が高いため、住宅の窓・外部建具・トップライトなどに用いられる。

出典:リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

合わせガラス
アワセガラス
laminated glass

安全ガラスの一種.2枚または,それ以上の磨き板ガラスを,ポリ(ビニルブチラール)などの接着力の強い合成樹脂薄膜をはさんで接着したもの.衝撃を受けても片側のガラスだけが割れるか,両側が割れたとしても飛散しない.これに化学強化ガラスを利用すると,さらに強さが増し,また両側のガラスが割れても,鋭い稜をもたない微細片となるので,接着膜に支えられて,軟らかい網のような状態となり,高度の安全ガラスが得られる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

合わせガラス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

合わせガラスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation