@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

合作【ガッサク】

デジタル大辞泉

がっ‐さく【合作】
[名](スル)
共同して作ること。また、作ったもの。「日仏合作の映画」「絵本を母子で合作する」
中国で、共通の目標のために協力し合うこと。「国共合作

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

がっさく【合作】
スル
力を合わせてある作品を作ること。 映画を日米両国で-する
中国で、共通の目的のために協力すること。 国共-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

がっ‐さく【合作】
〘名〙
① 何人かの人が力を合わせて、作品をつくること。また、その作品。
※人情本・明烏後正夢(1821‐24)二「心をのせし四つ手駕籠と語りし新内ぶしの一曲を、合作(ガッサク)なしたる三冊の中本(とぢぶみ)」 〔毛詩国風周南序箋〕
② 共通の目標を達成するために協力、協同すること。〔モダン用語辞典(1930)〕
※真空地帯(1952)〈野間宏〉四「ファシスト党員の政治的陰謀とカヴァレロ元帥、バドリオ等のサヴォイ王家との合作に基く軍人の陰謀とが併行して」
③ よくできた作品。意にかなった作品。
※日本詩史(1771)一「首尾匀称、足合作

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

合作」の用語解説はコトバンクが提供しています。

合作の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation