@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

合併特例債【ガッペイトクレイサイ】

デジタル大辞泉

がっぺい‐とくれいさい【合併特例債】
平成の大合併による新市町村建設計画の事業費として特例的に起債できる地方債。事業費の95パーセントに充当でき、返済の70パーセントを負担する。発行期限は合併から15年(東日本大震災被災地は合併から20年)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

合併特例債
合併した市町村の市町村建設計画に基づく事業などの経費について、合併年度とその後10年度に限って財源にできる地方債。7割は実質的に国の負担となる。旧合併特例法が1999年に改正され、設けられた。99~2005年度に合併した市町村が対象。11年の東日本大震災後、被災地は10年、それ以外の市町村は5年延長された。
(2017-12-17 朝日新聞 朝刊 岐阜全県・1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

合併特例債」の用語解説はコトバンクが提供しています。

合併特例債の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation