@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

合力【ごうりき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

合力
ごうりき
Arbeitshäufung
共同労働の一形態。一つの仕事をする場合に多くの労働者が同種の労働をすること。大きな荷物道具の積出しや狩猟の場合などがこれにあたる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

合力
ごうりょく
resultant force
同時に作用する2つ以上のベクトル的に合成して得られ,同等な効果をもつ1つの力。 (→力の合成 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ごう‐りき〔ガフ‐〕【合力】
[名](スル)
力を貸すこと。助力すること。
「かくばかり見えすいた徒労に―するものは、一人もなかった」〈菊池寛恩讐の彼方に
金銭や物品を与えて助けること。
「一銭二銭の―を願っていましたが」〈有島・片輪者〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ごう‐りょく〔ガフ‐〕【合力】
[名](スル)
力学で、物体に二つ以上の力が作用するとき、それらの力と効果が等しい一つの力。合成力。⇔分力
ごうりき(合力)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こう‐りょく〔カフ‐〕【合力】
《「ごうりょく」とも》「ごうりき(合力)」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ごうりょく【合力】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ごう‐りき ガフ‥【合力】
〘名〙
① (━する) 力を合わせて助けること。力添えをすること。こうりょく。
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉巻外「育英学舎の俊秀なる当年の一少年が落魄して合力(ガフリキ)を求むるに会ひ候」
② (━する) 金銭、物品を与えて助けること。こうりょく。
※玉塵抄(1563)三一「貧なほどに范が合力(がふりキ)に物をやったぞ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こう‐りょく カフ‥【合力】
〘名〙 (「こう」は「合」の漢音。「ごうりょく」とも)
① (━する) 他人が何かするのに力を貸して、援助・協力すること。助勢すること。加勢。ごうりき。
※将門記(940頃か)「只、羽翔(うしゃう)の用に資(よ)る也。羨(ねがは)くは合力を被り、将門の乱悪を鎮めむ」
※中右記‐嘉承元年(1106)四月二九日「参六条院、故郁芳門院女房、是同心合力書写五部大乗経供養
② (━する) ある力に別の力が加わること。二つ以上の働きが合わさること。→ごうりょく
※五音三曲集(1460)「きばにていふ字を、くちびる、したなど合力すれば、重してきたなくきこゆるなり」
③ (━する) 金銭、物品を与えて援助すること。扶助。ごうりき。
※蔭凉軒日録‐寛正四年(1463)正月二九日「為法界合力、公方段銭并闕所可寄之事伺之」
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一〇「父より二十金を与へられしのみにて、その他つひに扶給(〈注〉カウリョク)を受しことなし」
④ 運賃積廻船の海難による損害を、荷主ら関係者が分担する共同海損のこと。近世海運業での仲間法の一つで、損害の全額を分担する素合力と、半額を分担する半減合力との二つがあり、海難状況に応じて適宜処理されたが、菱垣・樽廻船をはじめ海難の多い近世海運では重要な慣習法であった。振合力。荷打合力。
※樽船海難私法記(1775)「空船台なし破損之時は、重き合力致遣可申事、其余は可為見斗事」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ごう‐りょく ガフ‥【合力】
〘名〙
② 力学で、二つ以上の力のベクトルを、合成によって一つの力のベクトルにまとめたもの。合成力。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

合力」の用語解説はコトバンクが提供しています。

合力の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation