@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

合成高分子【ごうせいこうぶんし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

合成高分子
ごうせいこうぶんし
synthetic polymer
動植物体を構成している蛋白質,繊維素,デンプンや天然ゴム,にかわなどを天然高分子というのに対して,合成樹脂合成繊維など人工的につくった高分子化合物を合成高分子という。 L.H.ベークランドによるフェノール樹脂の発明 (1907) ,W.H.カロザースらによるナイロンの発明 (35) 以来,プラスチック,合成繊維,合成ゴム,塗料,接着剤など多くの分野で合成高分子が利用され,特に石油化学工業の進展とともに合成高分子を生産する高分子化学工業が発展した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ごうせいこうぶんし【合成高分子】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

化学辞典 第2版

合成高分子
ゴウセイコウブンシ
synthetic polymer, synthetic macromolecule

人工的に低分子化合物から高分子化された化合物.合成高分子は,その物性により,合成樹脂,合成ゴム,合成繊維などに分けられる.付加重合重付加重縮合付加縮合などの合成法がある.合成高分子は,一般に軽くて強く,電気絶縁性,耐薬品性などにすぐれている.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ごうせい‐こうぶんし〔ガフセイカウブンシ〕【合成高分子】
人工的に合成した高分子化合物

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

合成高分子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

合成高分子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation