@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

合掌【がっしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

合掌
がっしょう
añjali
古くからインドで行われた礼法左右手のひらをそろえて合せ,礼拝すること。現在でもインドおよび東南アジアの人々は互いに合掌して敬礼する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

がっ‐しょう〔‐シヤウ〕【合掌】
[名](スル)
仏教徒が、顔や胸の前で両の手のひらと指を合わせて、仏・菩薩(ぼさつ)などを拝むこと。インド古来の礼法で、仏教により日本に伝えられた。
小屋組で、2本の部材を山形に組み合わせたもの。合掌組。
合掌泳ぎ」の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

葬儀辞典

合掌
両方のを合わせて礼拝すること。

出典:葬儀ベストネット
Copyright Interlink. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、内容は地域・宗派によって異なる場合があります。

世界大百科事典 第2版

がっしょう【合掌】
左右の手のひらを胸または顔の前で合わせること。菩薩などを礼拝するときの作法であるが,仏教徒の間では日常の挨拶にも用いられる。サンスクリットのアンジャリañjaliの訳。合掌は古くからインドで行われていた敬礼(きようらい)作法の一種で,それが仏教にも取り入れられたものである。インド人は,右手は清浄,左手不浄を表すとみて,これら手を使い分ける習慣があるが,仏教でも右手を仏,左手は衆生(しゆじよう)を表すものとして,これらを合わせたところを,仏と衆生が合体した姿,すなわち成仏の相(そう)を表すものと考える。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

合掌
がっしょう

両方の手のひらをあわせ、胸あるいは額に当てて行う礼拝の表現。サンスクリット語およびパーリ語のアンジャリañjaliの訳語。インド古来の敬礼法の一種。その様式には、十指をそろえて手のひらをあわせる通常の合掌、十指を交互に組み合わせる叉十(しゃじゅう)、握り手を他方の手で覆う叉手(しゃしゅ)などがあり、いずれも輪と十字に象徴される統合、中心を示している。また右手優先の観念は世界にほぼ共通するが、清浄な右手と不浄な左手との合一からなる合掌は、聖と俗の両面にかかわる人間の純真な祈りの姿にほかならない。仏教では、とくに真言密教において合掌を12種に分類し、それぞれに独自の解釈を与えたが、一般に仏や菩薩(ぼさつ)を念じる場合、礼拝する場合、あるいは僧や信者の間で挨拶(あいさつ)を交わす場合に用いられる。建築にみられる合掌造や合掌鳥居、能楽における合掌の型、さらには合掌泳ぎ、相撲(すもう)の合掌ひねりなど、日本の文化に占める合掌の比重も少なくない。

[片山一良]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

がっ‐しょう ‥シャウ【合掌】
〘名〙
① 仏語。仏教で行なう礼法の一つ。十本の手の指と、両方の掌を顔、胸などの前で合わせて、仏、菩薩などを礼拝すること。密教では一二種の型があり、十二合掌という。
※醍醐寺本元興寺伽藍縁起并流記資財帳‐天平一九年(747)「天平十九年爾時天皇即従座起合掌、仰天至心流」
※今昔(1120頃か)二「仏を見奉て、涙を流し給ふ事雨の如し、合掌(がっしゃう)して喜給ふ事无限(かぎりな)し」
② 能楽で、両手を前に出し、掌を合わせて拝む型。
③ 木造建築物の骨組構造にいう建築用語。
(イ) 屋根などの部分で、二本の材木を山形に組み合わせたもの。
※阿蘇学頭坊文書‐文明一三年(1481)正月一一日・阿蘇山衆徒年行事鹿渡橋用抄「ゆい橋の木数次第 一、合掌六本、長さ六いろ三尺」
(ロ) 西洋風の小屋組みで、母屋(もや)を受ける斜め材をいう。〔改訂増補日本建築辞彙(1931)〕
※日本詩史(1771)一「其七言近体中、警聯殊多。但未駢麗合掌
⑦ 江戸時代、銭の数をいう隠語。
(イ) 銭二百文をいう。大工などが用いる。
※雑俳・川柳評万句合‐安永七(1778)満一「がっしゃうはむね上(あげ)に出すしうぎ也」
(ロ) 銭三百文をいう。駕籠(かご)かきなどが用いる。
※洒落本・品川楊枝(1799)「弐百の事を『ひゃうし木』、三百を『がっしゃう』」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

合掌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

合掌の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation