@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

合理化カルテル【ごうりかカルテル】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

合理化カルテル
ごうりかカルテル
独占禁止法の 1953年の改正によって独占禁止法の適用除外として認められることになったカルテルの一種。技術の向上,品質の改善,原価の引下げ,能率の増進,その他企業の合理化を遂行するために,特に必要がある場合において,公正取引委員会の認可を受けて行う技術または生産品種の制限,原材料または製品の保管もしくは運送施設の利用,副産物または廃物の利用,購入にかかわる共同行為である。公正取引委員会は合理化カルテルが,需要者の利益を害するおそれがなく,一般消費者および,関連事業者の利益を不当に害するおそれがなく,不当に差別的ではなく,加入脱退を不当に制限していない場合には,これを認めることができる。また合理化カルテルとして行われる生産品種の制限が,専門化協定を内容とする場合において,特定の品種の生産を不当に特定の事業者に集中するものでないことが必要とされている (独占禁止法 24条の4) 。カルテルは日本の独占禁止法においては,不当な取引制限として原則的に禁止されており,独占禁止法自体が容認するカルテルは,合理化カルテル,不況カルテル (24条の3) の2種類である (2条6項,3条) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ごうりか‐カルテル〔ガフリクワ‐〕【合理化カルテル】
同一業種の各企業が合理化のために協定を結ぶ連合形態。日本ではかつて、独占禁止法の規定によって企業の合理化のために特に必要がある場合に、公正取引委員会の認可を受けて結ぶことができたが、平成11年(1999)廃止された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ごうりかかるてる【合理化カルテル】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ごうりかカルテル【合理化カルテル】
技術向上・品質改善・原価引き下げなど企業活動の合理化のためにつくられるカルテル。不況カルテルとともに公正取引委員会の認可によって認められる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ごうりか‐カルテル ガフリクヮ‥【合理化カルテル】
〘名〙 (カルテルはKartel) 同業種の企業が、技術向上、品質改善、原価引下げなど、生産販売上の合理化のために結ぶ企業間協定。昭和二八年(一九五三)に改正された独占禁止法で、品種または生産方式の制限、品種または生産方式別の数量制限、利潤プールなどが、公正取引委員会の認可を条件に認められている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

合理化カルテル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

合理化カルテルの関連情報

関連キーワード

新藤兼人斎藤寅次郎マキノ雅広市川崑野村芳太郎川島雄三森一生単層日本自由党原子力産業

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation