@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

合理的期待形成仮説【ごうりてききたいけいせいかせつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

合理的期待形成仮説
ごうりてききたいけいせいかせつ
rational expectation hypothesis
R.ルーカスや T.サージェントらによって新しく展開されたマクロ経済学における一学説。合理的期待とは,人々が利用可能な情報を効率的に使うことによって形成される期待のことであり,平均的な意味で正確であり,システマティックな間違いのない期待のことである。このような期待に基づいて人々が合理的に行動するかぎり,裁量的な財政金融政策の有効性が否定されるというのが合理的期待形成論である。この仮説は,短期的にも政府の裁量的政策効を主張する点でマネタリストよりも徹底している。予期されない金融政策が発動された場合には効果をもつ余地が残されているものの,ケインズ的な裁量政策は,不況局面では拡大策,好況局面では引締策と決まっているため,予期されない政策を発動することは不可能に近いと考えられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

合理的期待形成仮説
1970年代末、米国の経済学者ルーカス、サージェントなどによって主張されたもので、政府が裁量的経済政策を行ったとしても、企業も個人も、その結果を正しく予想し行動するところから、その政策は無に帰すとした仮説。マネタリズムが、ケインズ的金融、財政政策は長期的には成功しないとしたのに対し、合理的期待形成仮説は短期的にも成立しないとした。この理論は期待の役割を導入し、数学式を多用し、計量モデルを批判したが、その基礎前提があまりにも現実から離れ、経済学の虚構性をいっそう拡大した。
(荒川章義 九州大学助教授 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

世界大百科事典 第2版

ごうりてききたいけいせいかせつ【合理的期待形成仮説 rational expectations hypothesis】
経済理論に関する一つの考え方で,1970年代に入ってから,とくにアメリカの諸大学で大きな影響力をもつようになってきた。合理的期待仮説ともいう。近代経済学の基礎には,市場経済を構成する個別的な経済主体(個人)が,さまざまな制約条件のもとで,利用しうる限りの資源と情報とをできるだけ有効に使って,みずからにとって最も望ましい結果をもたらすような行動を選択するという前提が置かれている。合理的期待形成仮説はさらに一歩進んで,現在だけでなく将来の市場条件,とくに均衡市場価格について,人々がその客観的確率分布を正確に知っていて,その数学的平均値に等しくなるように期待を形成し,最適化の行動を行うという前提を仮定する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

合理的期待形成仮説」の用語解説はコトバンクが提供しています。

合理的期待形成仮説の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation