@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

合竹【あいたけ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

合竹
あいたけ
雅楽に用いる管楽器 (しょう) の演奏用語。笙の 17本の竹管のうち,6本あるいは5本を同時に発音させて,ある種の和音的効果を生み出す奏法。一竹吹 (いっちくぶき) に対する。合竹の名称や記譜は,最低の基音をもってなされ,乙の合竹,美の合竹などと称し,乙・美とのみ記される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あいたけ【合竹】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

がっちく【合竹】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ごうちく【合竹】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

あい‐たけ あひ‥【合竹】
〘名〙
① 笙(しょう)の奏法。六本、時には五本の管を同時に奏すること。がっちく。合管(ごうかん)
※謡曲・遊行柳(1516頃)「徒らに、朽ち木の柳、時を得て、今ぞみ法(のり)に、合ひ竹の、直(すぐ)に導く彌陀の教へ」
② 楽器の調子を合わせるために用いる笛。
※浄瑠璃・世継曾我(1683)風流の舞「あひにあひたけしのだけの、竹に成たやしの竹に」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

合竹」の用語解説はコトバンクが提供しています。

合竹の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation